この歌「バージョン」が4つくらいあります〜私はこのバージョンが雰囲気があっていいかなと〜

戻る
 ここには、いい歌NO2を・・ほとんどなつかしコーナーかな
 「朝日の当たる家」この名曲をピーナッツは・・
 「ブルー・レディーに紅いバラを」う〜んこれもいいね
 「悲しき片思い」これ以外といいね
 「タミー」これがいい曲なんだね
「枯葉」autumn leaf英語バージョンの枯葉です-これ絶品
 「さよならをするために」これもいい〜
いろいろあるけど「花のささやき」を
 やっぱりこれも「ほほにかかる涙」を
 ほとんどイタリアンに「ナポリは恋人」・・・
 
 
 
 
久々にトップをチラッといい音に(お好みですが)また歌詞をドカンと入れてしまった〜よろしく〜この曲は名曲に〜外国へ日本人が作った曲がカバーされたというのは「上を向いて・・」ありますが・この曲はヨーロッパ等にも東京オリンピックのあたりのヒットですが・いい歌はいいですね〜
ここも、あと少しというところで「ダウン」しております〜そのうちになんとかするかも〜
「ザ・ピーナッツ歌の世界」動画特集V3はこちらから ピーナッツ・キャンディーズ大判モードはこちらです
面白いエピソードはこのラストコンサートのレコードが5年間保留になっていて5年後にやっとレコード化へ。これはピーナッツが思い出深い最後のコンサートだからでしょうか。お蔵入りしていたそうです
 〜「ラストコンサート」からのいい歌を 〜ここにはピーナッツのいい歌をNO1〜
  「恋のバカンス」はいかが〜 「夢みる想い」これもイタリアン・・
  布施明さんの「ピーナッツへ捧げる歌」かなと 「花咲く丘に涙して」イタリアンポップスだね
  16分と長〜い「カバーポップス」メドレー曲の数々を 「北国の青い空」これもいいです
  大阪の女・・これもいい感じだよね〜 「ムーンリバー」これもいいね〜
 「ダンケ・シェーン」これはドイツ語でしたね・・  「女の意地」なぜかいいです〜
 「恋のフーガ」このあたりはまだ元気があるけど・・ 「 ラ・ノビア」・・・・
 宮川さん初めての自作「ふりむかないで」  「砂に消えた涙」iiine-
 カバー曲だけど「情熱の花」これもいいね 「手紙」これは・・
 「風のささやき」これは映画の主題曲です・・ 「知床旅情」この雰囲気のある歌声が・・
「ローマの雨」これもピーナッツらしい曲かな あの有名な映画の「いそしぎ」です
「ウナ・セラ・ディ東京」逆カバーされた曲ですね オンステージの「ゴッドファーザー」を
「可愛い花」ラストコンサートバージョン 「シェリー」なつかしですね〜
涙々の「帰り来ぬ青春」これはいい歌です〜泣けるよ〜 「愛のフィナーレ」」・・・
この特集は絵と音のページです。動画はV3でやっているのでね〜下のがついているところが、昭和50年4月のラストコンサートの音です。これは、CDのみしかないので(それも3万円でまとめて買わないとないんですよ)「緊張」している雰囲気がこちらまで伝わってきます。前半はなんとかですが・・後半司会の方が「声をふりしぼって」という表現通り泣きながらの歌に・・ですね〜